再度、富山県黒部市 てんこもりを試食

令和2年11月17日(火)

株式会社日食 試験精米 タテ形精米方式 山本製作所 ライスパル VP-31
試験精米【山本製作所 タテ形精米方式 ライスパル VP-31】

株式会社日食 静岡製機 食味分析計 TM3500
【静岡製機 食味分析計 TM3500】で白米の食味値測定

今日のごはんの試食
株式会社日食 今日のごはんの試食 令和2年産 新米 てんこもり 1等 富山県黒部市 松島功治
令和2年産  新米 てんこもり 1等の試食です。

前回の試食でサタケ炊飯食味値91点でしたが、松島さん本人が納得いかないらしく、サタケ炊飯食味85~86点位のはずだから、もう1回試食・食味値測定して欲しいと新たにサンプルが届きました。

前回同様に、つや・光沢が良く、白さ際立つごはんに炊き上がりました。

コシヒカリより粘りが控えめで、クセが無くあっさりした食感なので、品種名通りにごはん茶碗にテンコ盛りで食べれます。

てんこもり(富山67号)は、
1996年に富山県農業技術センター農業試験場において、
短稈・高品質系統の「富山36号」(後の「来夢36」)を母に、
短稈・高品質系統の「と系1000」を父に交配・育種された品種です。

☆コシヒカリと比べ、出穂期は5日程度、成熟期は7日程度遅い
☆稈長はコシヒカリより短く、耐倒伏性が強い
☆玄米品質は安定して高く、特に基白・背白粒の発生が少ない
☆収量が多く、味はコシヒカリに匹敵します。

今日の食味値結果
株式会社日食 今日の食味値結果 令和2年産 新米 てんこもり 1等 富山県黒部市 松島功治
令和2年産  新米 てんこもり 1等  11/14サンプル

(生産地)富山県黒部市
(生産者)松島 功治

玄米タンパク 7.2%
静岡製機 TM500  玄米食味値 80点

白米タンパク 6.5%
静岡製機 TM3500  白米食味値 78点

サタケ  STA1A  炊飯食味値 92点

水加減   米1:水1.448倍
約60分 浸漬

おいしいお米の販売

全国食味分析鑑定コンクールで金賞を受賞!但馬 村岡米 極

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください