あきたこまちの試食

4/26(水) おはようございます。

九州・福岡地方は土砂降りの雨が降っております 土砂降り☆パンダ デコメ絵文字

今日は秋田県から送られてきた、あきたこまちの試食をします。

株式会社日食 28年産 あきたこまち 秋田県男鹿市 角崎裕継
㈱日食の契約生産者はあきたこまちを栽培していませんので、久しぶりにあきたこまちを試食しました。

コシヒカリ・あきさかりに比べると、粘りはやや少なくてあっさりしています。

あっさり&クセが無いので、色々な料理と相性が良いと思います。

あきたこまちの交配組合せはコシヒカリ/奥羽292号で、1975年に福井県農業試験場で交配が行なわれました。

1977年に雑種第一代1個体分の雑種第二代種子を秋田県農業試験場が譲り受け、その年の圃場栽培から後代の育成・選抜を行いました。

1984年に秋田県の奨励品種に採用され、秋田県湯沢市小野の小野小町生誕伝説にちなみ「あきたこまち」と命名されました。

デビューから30年以上が経ちますが、作付面積は第4位で味や品質に優れた品種です。

株式会社日食 今日の食味値結果 28年産 あきたこまち 秋田県男鹿市 角崎裕継
28年産 あきたこまち 

(生産地)秋田県男鹿市角間崎
(生産者)角崎裕継

玄米タンパク 7.2%
静岡製機 TM3500 玄米食味値 79点

白米タンパク 6.7%
静岡製機 TM3500 白米食味値 75点

サタケ STA1A 炊飯食味値 86点

水加減 米1:水1.45倍  約60分浸漬

おいしいお米の販売

全国食味分析鑑定コンクールで金賞を受賞!但馬 村岡米 極

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください